うつ状態を克服する為に~睡眠不足解消法 > コラム

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム

うつ病が詐欺に使われている

うつ病を装いお金を騙す詐欺の手口があるようです。

ニュースを見てちょっとビックリしました。
うつ状態の問題点というとどうやって治療をするのか…
どうやってうつ状態にならないようにするのか…

そっち方面のことだけ考えればと思っていたのですが、どうやらそうもいかないようです。

【うつ状態と偽る手口】

ニュースによれば、うつ病だと偽って健康保険をだまし取ろうとして逮捕者が出たのらしいです。
秋田県警は詐欺の疑いで札幌市の会社員の男ら3人を逮捕したとのことです。

簡単に言うと、うつ状態ではないのにうつ状態だと偽り、お金(傷病手当金)をだまし取ろうとする手口ですね。

医師に対して「人ゴミが怖い」や「地下鉄に乗るのが怖い」といったようにどのように回答をすればうつ状態だと判断されるのかのマニュアルも作っていたようです。

専門家の話によると医者の立場としてはうつ状態を判断するはっきりとした基準がない為に、そのような回答をされるとうつ状態だと判断するしかないケースもあるんだとか…。


【今後の世間への影響】

こういった事件が起きてしまうと今後の世間への影響がとても心配です。
当事者である犯人が裁かれるだけならまだ良いのですが、今後病院にうつの診断を受けに行く人への対応が変わりそうで…

本当にうつで悩んでいる人も今回の事件で使われたような表現を使うと思うのです。
となると、それを聞いた医者がどう思うのか…

うつの診断で最初に医者に行くことを推奨している私ではありませんが、それでもうつ状態を克服できるひとつの手段であることに変わりはありません。

根の深い問題になるのでは?と心配しているのは私だけでしょうか…




人気ブログランキングも要チェック!!⇒こちら

TOPへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。